四火関門・四花患門(読み)しかかんもん

精選版 日本国語大辞典の解説

しか‐かんもん シクヮクヮンモン【四火関門・四花患門】

〘名〙 (きゅう)のつぼの一つ。腰に近い背中の部分で、四角な紙を貼って、その四隅に当たるところ。また、そこにすえる灸。しか。
※俳諧・談林十百韻(1675)下「別にやせてとぎすとぞなく〈松意〉 思ひの火四花患門にさればこそ〈一鉄〉」
※談義本・根無草(1763‐69)後「薬よ、鍼(はり)よ、四花患門、祈祷立願残る方なく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android