きゅう

精選版 日本国語大辞典「きゅう」の解説

きゅう

〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 強くこすったり、おしつけたり、ねじまわしたりした時などにきしる音。また、強くおしつけられて苦しんで出す声などを表わす語。
② 力をこめて動作するさまを表わす語。きゅっと。
真景累ケ淵(1869頃)〈三遊亭円朝〉四八「殺してくれエといひ兼ねねえ、キウと遣ったな」
③ 酒などを一息に飲むさまを表わす語。
※二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉上「半分ばかりきゅうと飲むで」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「きゅう」の解説

きゅう

[副]
強くこすったりねじったりするときの、きしる音を表す語。「コルクせんきゅうと音をたてて抜ける」
軽く力を入れて締めたり、ねじったり、こすったりするさま。「はちまききゅうと締める」
冷や酒などを一気に飲むさま。「コップ酒きゅうと空ける」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android