きゅう(読み)キュウ

デジタル大辞泉の解説

きゅう

[副]
強くこすったりねじったりするときの、きしる音を表す語。「コルク栓(せん)がきゅうと音をたてて抜ける」
軽く力を入れて締めたり、ねじったり、こすったりするさま。「はちまきをきゅうと締める」
冷や酒などを一気に飲むさま。「コップ酒をきゅうと空ける」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

きゅう

〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 強くこすったり、おしつけたり、ねじまわしたりした時などにきしる音。また、強くおしつけられて苦しんで出す声などを表わす語。
② 力をこめて動作するさまを表わす語。きゅっと。
※真景累ケ淵(1869頃)〈三遊亭円朝〉四八「殺してくれエといひ兼ねねえ、キウと遣ったな」
③ 酒などを一息に飲むさまを表わす語。
※二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉上「半分ばかりきゅうと飲むで」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

きゅうの関連情報