きゅう(読み)キュウ

デジタル大辞泉の解説

きゅう

[副]
強くこすったりねじったりするときの、きしる音を表す語。「コルク栓(せん)がきゅうと音をたてて抜ける」
軽く力を入れて締めたり、ねじったり、こすったりするさま。「はちまきをきゅうと締める」
冷や酒などを一気に飲むさま。「コップ酒をきゅうと空ける」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

きゅうの関連情報