コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回路素子 カイロソシ

世界大百科事典内の回路素子の言及

【電流】より


[電気回路]
 電流は電源の一つの極から出て導線を伝わり,抵抗などの負荷を通って電源の他の極に戻る。この電流の一周の道筋を電気回路といい,回路中の導線以外の要素を回路素子という。直流回路では回路素子はおもに抵抗である。…

※「回路素子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

回路素子の関連キーワード重ね合わせの定理(電気)多摩川ホールディングスパラメトリック増幅ツェナーダイオードブリッジ(電気)ジョセフソン素子解読マトリックスモレクトロニクスコンダクタンス三次元回路素子トランジスタースーパーチップインダクタンスシリコンチップ半導体整流器分布定数回路パラメトロン特性方程式順方向電流膜集積回路

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android