回路素子(読み)かいろそし

精選版 日本国語大辞典「回路素子」の解説

かいろ‐そし クヮイロ‥【回路素子】

〘名〙 電気回路をつくるための部品コイル抵抗器コンデンサーなど。一定の電気特性と他の素子と接続する端子をもつ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「回路素子」の解説

かいろ‐そし〔クワイロ‐〕【回路素子】

電気回路を構成する要素のうち、含まれる抵抗器コンデンサーなど、導線以外のものの総称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の回路素子の言及

【電流】より


[電気回路]
 電流は電源の一つの極から出て導線を伝わり,抵抗などの負荷を通って電源の他の極に戻る。この電流の一周の道筋を電気回路といい,回路中の導線以外の要素を回路素子という。直流回路では回路素子はおもに抵抗である。…

※「回路素子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android