コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

端子 たんし

5件 の用語解説(端子の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

端子

流れ図でプログラムの開始や終了を表す記号のこと。端子記号の中には「開始」または「終了」、「start」または「end」と書く。終了は複数存在してもよい。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たん‐し【端子】

電気回路のはしにつけて、他の回路や素子と接続するための器具。ターミナル

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

端子【たんし】

ターミナルとも。電気回路または電気装置の電流の出入口をさすが,一般にはそれに取り付けられ,外部の導線を接続するのに便利にした金具をいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

たんし【端子】

電気機器の電流の出入り口に付ける外部との連絡のための金具。ターミナル。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

端子
たんし
terminal

一般に電気回路において入力または出力を構成する点をいう。ターミナルともよばれる。多くの場合、入力または出力は2個の端子の対(つい)で構成されており、これを端子対またはポートportとよぶ。具体的には、抵抗等の素子の金属線(リード線)や半導体素子の外部と電気的に接続するための金属部分、電気機器に電線を接続したり電気機器どうしを接続したりするためのねじや、はんだ付け用の突起物(ラグlugとよぶ)などの接続箇所をいう。たとえば、変圧器の端子というのは、変圧器のケースの外側に絶縁物を介して設けたねじやラグ板であり、変圧器の各巻線の巻き始めと巻き終わりはこれに接続されており、電源や負荷はこの端子を仲介して接続される。端子の構造は、ねじやラグのほか、エレクトロニクス機器では一対、あるいは多数の端子を集めた構造をもつ。それらを接続する器具をコネクターconnectorともよぶ。端子は電流の通路となっているので、大電流の通る端子は十分な接触面積と締め付ける力がないと過熱するおそれがある。またパルス回路やマイクロ波回路で使用する端子(これもコネクターとよぶ)は、その寸法が使用波長と同程度になるため、インピーダンス整合に注意しないと端子のところで反射を生ずるおそれがある。[布施 正・吉澤昌純]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

端子の関連キーワードサービスプログラム流れ図オリジナルプログラムイーエッチシグマFIRSTプログラムプログラムライブラリーミクログラムワクチンプログラム

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

端子の関連情報