コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回転角 カイテンカク

デジタル大辞泉の解説

かいてん‐かく〔クワイテン‐〕【回転角】

平面上において、固定あるいは一定点を中心に、図形または物体をある角度だけ回転するとき、その角度。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいてんかく【回転角】

図形や物体をある軸を中心に回転したとき、軸に垂直な平面上で測った回転の角度。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の回転角の言及

【回転】より

…(1)平面上の各点Pに対し,Pをその平面上の一定点Oのまわりに一定角θだけまわした点をP′とするとき,PをP′にうつす対応を平面上の回転といい,Oを回転の中心,θを回転角という。空間の各点Pに対し,Pを一定直線lのまわりに一定角θだけまわした点をP′とするとき,PをP′にうつす対応を空間における回転といい,lを回転軸,θを回転角という。…

※「回転角」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

回転角の関連キーワードアナログコンピュータービオの法則(偏光性)トーションバランスリスティングの法則可動コイル型計器可変コンデンサーフーコーの振り子マイクロメーターファラデー効果サーボモーターインジケーターヴェルデの法則ヴェルデの定数リングバランスランプスケールベルデの定数ラジアン毎秒クントの定数サイクロイド早戻り機構

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android