コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

団魚 だんぎょ

大辞林 第三版の解説

だんぎょ【団魚】

スッポンの異名。 〔嬉遊笑覧〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の団魚の言及

【スッポン(鼈)】より

…京坂ではこのころまでにスッポン料理の店ができていたが,江戸での出現は宝暦(1751‐64)ころのことで,それも路傍に小屋がけした煮売屋であったという。ちなみにスッポンを鼈(べつ),団魚,甲魚などと書くところから,京坂では〈まる〉といった。江戸では〈ふた(蓋)〉と呼んで,これをたしなむ人がしだいに多くなり,価格も高騰したようで,喜多村筠庭は《瓦礫雑考》(1818)の中で,〈今江戸のすっぽん貴きこと,京師にくらぶれば五倍に過(すぐ)べし〉といっている。…

※「団魚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

団魚の関連キーワード静物たちの遊泳嬉遊笑覧スッポン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android