図書原簿(読み)としょげんぼ(英語表記)accessions register

図書館情報学用語辞典の解説

図書原簿

図書館に受け入れられた図書を受入順に登載する帳簿.図書台帳,受入原簿,受入リストなどとも呼ばれ,蔵書に関する財産目録の役割を果たす.記載項目には,受入日,登録番号(受入番号),著者,書名,出版事項,価格,受入先,請求記号などがあり,各図書の概要がわかるようになっている.しかし,最近では,記帳作業の省力化に伴い記載を省略する項目もある.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ギャンブル等依存症対策基本法

競馬やパチンコなどのギャンブル依存症への対策を進めるために、国や地方公共団体に対して、依存症の予防・啓発や、患者、家族へのケア、支援に関する計画の策定などを義務付ける国の法律。自民党と公明党、日本維新...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android