コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

図書原簿 としょげんぼaccessions register

図書館情報学用語辞典の解説

図書原簿

図書館に受け入れられた図書を受入順に登載する帳簿.図書台帳,受入原簿,受入リストなどとも呼ばれ,蔵書に関する財産目録の役割を果たす.記載項目には,受入日,登録番号(受入番号),著者,書名,出版事項,価格,受入先,請求記号などがあり,各図書の概要がわかるようになっている.しかし,最近では,記帳作業の省力化に伴い記載を省略する項目もある.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

図書原簿の関連キーワード受入業務購入受入

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android