コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

固定羽根 コテイバネ

2件 の用語解説(固定羽根の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こてい‐ばね【固定羽根】

蒸気タービンや水車などで、蒸気や水の通路を定める役割の、動かない羽根。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の固定羽根の言及

【蒸気タービン】より

…この場合の速度線図は図3の上のようになり,回転羽根出入口間の周方向速度差(c1uc2u)は,回転羽根の反りにより蒸気の流れ方向が変わることによってもたらされていることがわかる。これに対して,反動タービンでは,回転羽根の上流と下流に圧力差を設け,段にかかる圧力差はノズル(反動タービンでは固定羽根と呼ぶ)と回転羽根の両方に振り分けて消費される。この場合の速度線図は図3の下のようになり,(c1uc2u)は回転羽根の出入口間で流れの向きが変わることと,w2w1より大きくなることの二つが原因で引き起こされている。…

※「固定羽根」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone