コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

固定翼 コテイヨク

デジタル大辞泉の解説

こてい‐よく【固定翼】

航空機の胴体に固定された、主として揚力を得るための

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の固定翼の言及

【翼】より

…空気など流体の中を動き,または風や流れを受けたとき,大きな揚力を発生することをおもな目的としたもので,航空機を空に浮かべる役割を果たす。航空機のうち飛行機やグライダーの翼は機体と一体となっており,機が前進すると風が当たって揚力を生ずるもので,固定翼と呼ばれる。これに対しヘリコプターなどの翼は軸に取りつけられ,回転させると風が当たり揚力が出るもので,回転翼あるいはローターという。…

※「固定翼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

固定翼の関連キーワードケーリー(Sir George Cayley)ボーイングAHコンバーチブル・プレーンアドミラル・グズネツオフ模擬着艦訓練(FCLP)クズネツォフ級航空母艦飛行モードと日米合意タービンヘリコプタートルクコンバーターハイブリッド航空機ハンググライダーリジットウイングミルMiセールプレーンティルトロータ攻撃ヘリコプタオーニソプターヘリコプターカプラン水車普天間飛行場

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

固定翼の関連情報