コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

固定長レコード こていちょうれこーど

2件 の用語解説(固定長レコードの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

固定長レコード

データベースで、格納できるデータ数(文字数など)があらかじめ決まっているレコードのこと。レコードに入力するデータ数の上限が、あらかじめわかっている場合に利用する。固定長レコードにすると、すべてのレコードサイズが同じになるため、データベースが扱いやすくなり、処理速度も速くなるという長所があるが、レコードのサイズがデータの最大数に合わせたものになるため、データの内容によっては無駄が生じるという短所もある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典の解説

固定長レコード

ファイルまたはデータベースを構成する各レコードの長さが,あらかじめ同一に定められたもの.可変長レコードの対語.固定長レコードはすべて固定長フィールドにより構成されるため,レコード内でのフィールドの出現位置によってそのフィールドの識別同定が可能となる.したがって,固定長レコードの場合には,通常,情報交換用MARCフォーマット見られるような複雑な構成をとる必要がない.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

固定長レコードの関連キーワードインハウスデータベース関係データベースデータベースサービスデータベースソフトリレーショナルデータベースリレーショナル型データベースデータマート分散データベースリレーショナル・データベースデータベース・ソフト

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone