コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

固相分離線 こそうぶんりせんsolvus

岩石学辞典の解説

固相分離線

不混和関係を温度─組成図でたどった曲線.長石の場合には,曲線より高温のハイパーソルブス(hypersolvus)域では一種類の長石のみが形成される.曲線より低温のサブソルブス(subsolvus)域では二種類の長石が形成される[Edgar : 1974].固体内の溶解度曲線を表している.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone