コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

固相分離線(読み)こそうぶんりせん(英語表記)solvus

岩石学辞典の解説

固相分離線

不混和関係を温度─組成図でたどった曲線.長石の場合には,曲線より高温のハイパーソルブス(hypersolvus)域では一種類の長石のみが形成される.曲線より低温のサブソルブス(subsolvus)域では二種類の長石が形成される[Edgar : 1974].固体内の溶解度曲線を表している.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる