コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国境関税 コッキョウカンゼイ

2件 の用語解説(国境関税の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こっきょう‐かんぜい〔コクキヤウクワンゼイ〕【国境関税】

国境を通過する外国からの貨物に課する租税。→国内関税

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の国境関税の言及

【関税】より

…中世都市や荘園領主も財政収入確保のため,使用料・手数料を設けていたが,時とともに,使用料的性格は薄れ,反対給付のない強制徴収的なものに変化していく(〈通行税〉の項目を参照)。近代国家の成立とともに,国内のある地域を通過する貨物に賦課された内国関税はしだいに姿を消し,国境線を通過する貨物に課される国境関税が一般的になると同時に,関税が貿易政策の重要な手段として認識されはじめる。重商主義の時代には,輸出を奨励し輸入を制限することによって,国家の富の蓄積が図られたが,この目的のために保護的な関税政策が積極的に活用された。…

※「国境関税」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone