コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国引き クニビキ

デジタル大辞泉の解説

くに‐びき【国引き】

《「くにひき」とも》国土を引き寄せること。「出雲国風土記」にみられる伝説による。八束水臣津野命(やつかみずおみつののみこと)が「国来(くにこ)、国来」と言いながら、新羅(しらぎ)に綱をかけて出雲国に引き寄せたという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くにひき【国引き】

「出雲国風土記」にみえる神話。八束水臣津野命やつかみずおみつののみことが、出雲の国の狭さを補うために、新羅しらぎや北陸地方の余っている部分に綱をつけて、「国来くにこ、国来」といって引き寄せ、これを出雲の国に縫いつけたという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

国引きの関連キーワード大社[町]出雲系神話島根半島巨人伝説出雲神話日本神話北陸地方日御碕三瓶山新羅河岸

国引きの関連情報