出雲(読み)いずも

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「出雲」の解説

出雲
いずも

旧日本海軍の装甲巡洋艦。日露戦争中,『三笠』など6隻 (2隻沈没) の戦艦とともに,準主力艦として活躍。排水量,主砲装甲などにおいて戦艦にやや劣るが速力においてまさり,日露戦争後出現した巡洋戦艦先駆となった。新造当時の主要目は次のとおり。常備排水量 9733t,速力 20.75kn,8インチ (20cm) 砲8,副砲6インチ (15cm) 砲8,魚雷発射管4。同型艦に『磐手』があり,ほぼ同じクラスに『浅間』『常盤』『八雲』『吾妻』がある。『出雲』は 1899年イギリスで竣工。日露戦争当時第2艦隊司令長官上村彦之丞中将の旗艦であり,その後第1次世界大戦には第2特務艦隊旗艦として地中海遠征。 1932年の上海事変以後中国方面の艦隊旗艦として活躍,45年7月 24日,江田島海岸で爆撃を受け転覆。このクラスは大正から太平洋戦争直前まで練習艦として少尉候補生の練習教育に従事し,遠洋航海で外国人の目にも親しまれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「出雲」の解説

いずも いづも【出雲】

[一] 山陰道八か国の一つ。古代出雲神話の舞台。大化改新により一国となり、意宇(おう)国府が置かれた。鎌倉時代は佐々木氏、戦国時代は尼子氏から毛利氏、江戸時代は堀尾氏、京極氏、佐々木氏を経て松平氏が支配。廃藩置県により、明治四年(一八七一)島根県に編入。雲州。
[二] 出雲国(島根県)北西部の旧郡名。明治二九年(一八九六簸川(ひかわ)郡に統合された。
[三] 島根県北東部、出雲平野中央部の地名。山陰道の宿場町市場町として発展。繊維工業都市。昭和一六年(一九四一市制。平成一七年(二〇〇五)、平田市、大社町、湖陵町、多伎町、佐田町と合併。市域内に出雲大社、一畑寺(一畑薬師)などを抱える。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「出雲」の解説

いずも〔いづも〕【出雲】

旧国名の一。現在の島根県東部にあたる。出雲神話の舞台。雲州。
島根県北東部の市。中心部の今市は山陰道の宿場町・市場町として発展した。多様な軽工業が盛ん。平成17年(2005)3月、平田市および簸川(ひかわ)郡4町と合併、平成23年(2011)10月、斐川町を編入。人口17.1万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android