コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国民表

1件 の用語解説(国民表の意味・用語解説を検索)

保険基礎用語集の解説

国民表

生命表を作成する材料、つまり観察する対象となる人口集団を国民全体としたもので、国民の年齢別死亡率をその他の生命関数とともに表にしたものです。国民生命表、国民死亡表ともいいます。国民表は通常男女別に0〜100歳前後まで作られ、国勢調査等をその基礎データとして使用します。

出典|みんなの生命保険アドバイザー
保険基礎用語集について | 情報

世界大百科事典内の国民表の言及

【生命表】より

…この生命表は,1972年から76年までの経験に基づいて作成されており,日本全会社生命表としては初めて死亡率を男女別に計算している。二つの生命表の大きな違いは,前者は国民一般を統計対象とした国民生命表(国民表)で,後者は被保険者,加入者を統計対象とした経験生命表(経験表)である点にある(96年度から,日本アクチュアリー会編の〈生保標準生命表〉を基礎にしている)。【佐々木 陽一】。…

※「国民表」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone