コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国民車計画[インドネシア] こくみんしゃけいかく[インドネシア]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国民車計画[インドネシア]
こくみんしゃけいかく[インドネシア]

自動車の普及と自動車産業の育成を目指し,インドネシア政府が発表した国産車優遇政策。 1996年2月に大統領指令として発表された。それによると国内資本 100%の会社で,自国で開発され,独自のブランド名をもち,部品の国内調達率を1年目 20%以上,2年目 40%以上,3年目 60%以上などの条件を満たしたものだけを国民車として認定し,部品関税や完成車への奢侈 (しゃし) 税を免除するという内容であった。これにより,現在圧倒的なシェアを誇る日本車を事実上締出すことになる。認定車となったのはスハルト大統領の3男が設立したティモール・プラト社製のものだけだが,同社は技術面で韓国メーカーに協力を仰ぎ,委託生産させたうえで再輸入することになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android