コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

育成(競走馬の) いくせい/きょうそうばのいくせい

1件 の用語解説(育成(競走馬の)の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

育成(競走馬の)

生まれてから競走に備えて厩舎に入厩するまでの期間を言い、離乳までの初期育成、騎乗馴致が始まるまでの中期育成、鞍を置き騎乗を行う後期育成に分類される。すべてを同じ牧場で行うケースもあるが、生産牧場から育成牧場へと移動するケースもある。血統や厩舎での調教と同様に、競走馬の強さを決める重要な要素であり、飼養管理などの面で工夫が進められている。

(須田鷹雄 競馬ライター / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

育成(競走馬の)の関連キーワード警備国儲先備え蓄蔵保険を掛ける厩舎人厩舎締り備え樽回り競走 (barrel racing)入厩 (stabling)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone