育成(競走馬の)(読み)いくせい/きょうそうばのいくせい

知恵蔵「育成(競走馬の)」の解説

育成(競走馬の)

生まれてから競走に備えて厩舎に入厩するまでの期間を言い、離乳までの初期育成、騎乗馴致が始まるまでの中期育成、鞍を置き騎乗を行う後期育成に分類される。すべてを同じ牧場で行うケースもあるが、生産牧場から育成牧場へと移動するケースもある。血統や厩舎での調教と同様に、競走馬の強さを決める重要な要素であり、飼養管理などの面で工夫が進められている。

(須田鷹雄 競馬ライター / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android