奢侈(読み)しゃし

精選版 日本国語大辞典「奢侈」の解説

しゃ‐し【奢侈】

〘名〙 (形動) (「」「侈」はともにおごる) 身分不相応なくらしをすること。度をこえたおごり。また、そのさま。ぜいたく。
※本朝文粋(1060頃)二・意見十二箇条〈三善清行〉「一、請奢侈事」
※随筆・折たく柴の記(1716頃)下「近年以来世の風俗も日々に奢侈に趣しに」 〔史記‐任氏伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「奢侈」の解説

【奢侈】しやし

ぜいたく。〔国語、晋語八〕桓子にびて驕泰(けうたい)奢侈、貪慾(たんよく)(きは)まること無く、(をか)しを行ひ、假貸(かたい)して賄(わい)を居(たくは)ふ。

字通「奢」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android