コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国父史蹟紀念館 こくふしせききねんかん

1件 の用語解説(国父史蹟紀念館の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

こくふしせききねんかん【国父史蹟紀念館】

台湾の首都台北(臺北、タイペイ)の台北駅近くにある、台湾(中華民国)の国父・孫文の革命業績を称える紀念(記念)館。「梅屋敷」というかつての日本式旅館の建物を利用した純日本風の建物で、辛亥革命のころに台湾を訪れた孫文が逗留した宿であることから、この建物が紀念館となった。館内には、当時孫文が使用した机や愛用の遺品などが展示されている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国父史蹟紀念館の関連キーワード台北ぺいぺい台湾高速鉄道台北マラソン台湾・5大市長選台湾の5大市長選孤蓬万里台湾神宮台湾日日新報TPE

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone