コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国父史蹟紀念館 こくふしせききねんかん

世界の観光地名がわかる事典の解説

こくふしせききねんかん【国父史蹟紀念館】

台湾の首都台北(臺北、タイペイ)の台北駅近くにある、台湾中華民国)の国父孫文の革命業績を称える紀念(記念)館。「梅屋敷」というかつての日本式旅館の建物を利用した純日本風の建物で、辛亥革命のころに台湾を訪れた孫文が逗留した宿であることから、この建物が紀念館となった。館内には、当時孫文が使用した机や愛用の遺品などが展示されている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android