コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国父史蹟紀念館 こくふしせききねんかん

世界の観光地名がわかる事典の解説

こくふしせききねんかん【国父史蹟紀念館】

台湾の首都台北(臺北、タイペイ)の台北駅近くにある、台湾中華民国)の国父孫文の革命業績を称える紀念(記念)館。「梅屋敷」というかつての日本式旅館の建物を利用した純日本風の建物で、辛亥革命のころに台湾を訪れた孫文が逗留した宿であることから、この建物が紀念館となった。館内には、当時孫文が使用した机や愛用の遺品などが展示されている。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android