中華民国(読み)ちゅうかみんこく(英語表記)Zhong-hua min-guo; Chung-hua min-kuo

  • ちゅうかみんこく チュウクヮ‥
  • ちゅうかみんこく〔チユウクワ〕
  • 中華民国 Zhōng huá mín guó

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

辛亥革命の結果,清朝に代って中国に成立した共和国の国号。 1912年1月に孫文を臨時大総統として成立したが,次いで袁世凱が大総統となり,以後軍閥戦争が繰返された。孫文の指導する国民党は 24年中国共産党と提携,反封建の目的を果すため「北伐」,すなわち北方軍閥の討伐に乗出した。しかし孫文の没後蒋介石を中心とする国民党右派は,帝国主義諸国と結んで上海クーデターにより 28年正式に国民政府を樹立し,中国を統一した。国民政府共産党を弾圧したが,その後日本の侵略が激化すると 38年3月「抗戦建国綱領」を制定し,第2次国共合作が成立した。しかし依然として国共の対立は続き,45年8月の日中戦争終了ののち内戦が激化,49年 10月北京中華人民共和国が成立すると国民党政府は台湾に渡り,今日まで中華民国と称している。 71年 10月中華人民共和国が国際連合での合法的権利を回復したことにより,国民党政府は国連脱退を声明,72年9月中華人民共和国と日本との国交正常化により,対日断交を宣言した。 92年8月,中韓国交樹立による韓国との断交で,アジアで国交を有する国はなくなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

略称は民国。辛亥(しんがい)革命の結果,その革命勢力を結集して,1912年に成立した中国で最初の共和国。1913年第2革命,1915年―1916年袁世凱の帝制運動を経て,第3革命さらに軍閥政権の混沌(こんとん)たる抗争の後,1925年広東国民政府が成立し,1928年中国国民政府として統治権を独占し,統一した。その間,1924年の第1次国共合作,1926年―1928年の北伐,1927年の国共分裂などがあり,1937年日中戦争勃発(ぼっぱつ)により,国共は内戦を停止して抗日民族統一戦線を結成。戦後1947年に五権憲法を発布し,1948年4月中華民国新政府が成立した。しかし,国共の内戦は激化し,中国国民政府は本土を失い台湾に移った。1949年10月に成立した中華人民共和国では,中華民国は解消したとみる。台湾の国民政府は中華民国と称している。元首は総統(1975年蒋介石総統の死以後の変動については,台湾の項目を参照)。行政中心は台北。→中華人民共和国
→関連項目蒋介石青天白日旗中国国民党

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

1912年から49年にかけての中国の国名。簡称して単に〈民国〉ともいう。清朝をたおした辛亥革命によって創立されたアジア最初の共和国で,新民主主義革命によって成立した中華人民共和国に先行するものである。版図は,外モンゴルが独立したことにより清朝滅亡時より縮小している。32年に東北地方が日本の傀儡(かいらい)国家=満州国として分離させられるなどのこともあったが,日本の敗戦とともに,東北のみならず下関条約で割譲された台湾等への支配をも回復した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

1912年1月から1949年9月末まで続いた中国の国号。また、共産党との内戦に敗れ台湾に逃避した国民政府は、継続してこの国号を用いている。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

[一] 辛亥革命後の一九一二年から中華人民共和国が成立した一九四九年まで、中国を代表する政府が採用した国名。一九二七年を境として、前半の軍閥混戦を背景とした北京政府時代と、後半の中国国民党による国民政府時代とに分けられる。首都は前者は北京、後者は南京。
[二] 一九四九年、中国共産党との内戦に敗れ、台湾に逃れた国民党政府が使用している名称。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

辛亥革命後,1912年に成立した共和国
1912年1月,孫文を臨時大総統,南京首都に樹立された。しかし,清朝を打倒する力がなく,2月袁世凱が清朝を滅亡させると,密約にしたがって袁世凱が臨時大総統に就任。袁世凱は北京に遷都したのち列国と結び,独裁体制を強化して革命派を弾圧,1915年末帝政復活を宣言するが,内外の反対で断念した。翌年,袁世凱が没すると,以後1928年まで軍閥による割拠時代となった。孫文は,1919年五・四運動の影響を受けて中国国民党を結成し,24年に同党を改組して第1次国共合作を行い,広東軍政府を樹立。1925年の孫文死後,指導権を握った蔣介石によって,26年から北伐が開始された。しかし北伐途上の1927年4月,蔣介石の上海クーデタで国共分裂となった。蔣介石は,列国や浙江財閥の支持のもとに南京国民政府を樹立。翌1928年北伐を再開して張作霖を北京から追放,張が日本軍によって爆殺されたのち後を継いだ張学良の支持をとりつけ,中国統一を完成。1931年日本が満州事変をひき起こして中国侵略を本格化したが,国民政府は共産党に対する内戦を激化。同年,共産党は瑞金に毛沢東を主席とする中華ソヴィエト共和国を樹立したが,国民政府の圧迫を受け,1934年から長征を開始。1935年国民政府は幣制改革を行い,政府系3銀行の銀行券(紙幣)だけを法幣とし,経済面でも独裁を強化した。蔣介石は,共産党側からの抗日統一戦線結成の呼びかけを拒否していたが,1936年の西安事件によってそれを受け入れた。1937年7月の盧溝橋事件によって日中戦争が全面化すると,第2次国共合作が成立して抗日民族統一戦線が結成された。戦争拡大に伴い,国民政府は首都を南京から武漢・重慶に移して抗日戦を継続し,第二次世界大戦中の1943年,米・英との不平等条約撤廃に成功。大戦終了後,1945年10月に国民党は共産党と双十協定を結んだが,11月から国共内戦を再開。1948年蔣介石が中華民国初代総統に就任したが,内戦に敗れて,49年5月中華民国政府は台湾に逃れた。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

1912年,辛亥 (しんがい) 革命で清朝が滅んだのち,中国大陸にできた共和国
初め軍閥の対立抗争が続いたが,1928年いちおう蔣介石が北伐に成功して国民政府による統一を達成。第二次世界大戦後,蔣政権は中国共産党との内戦に敗れ,大陸には中華人民共和国が成立したため,以後台湾に拠り,ひき続き中華民国を称している。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中華民国の関連情報