コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際経営職 こくさいけいえいしょく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際経営職
こくさいけいえいしょく

海外社員として登録され,国際分野でそのキャリアを積んでいこうとする専門職で,各国を異動しながら国際分野の経営職へと到達する。彼らは,国際経営のエキスパートであると同時に,現地でのトップ・マネジメントや主要幹部になっていく。日本企業はこれまで比較的,短いローテーションで日本人マネジャーを日本と現地の間を往来させてきた。しかし,現地のマネジメントが常に交代したり,日本人のみがトップになるという不満が生じてきたため,一部の企業では国際部門に専属のマネジャー層をつくることになった。さらに,こういった専属のマネジャー層には国籍そのものをも問わないようになってきている。 IBMなどでは,多数の国籍のマネジャーがさまざまな国の現地会社のマネジャーとして働いている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android