コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際経営職(読み)こくさいけいえいしょく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際経営職
こくさいけいえいしょく

海外社員として登録され,国際分野でそのキャリアを積んでいこうとする専門職で,各国を異動しながら国際分野の経営職へと到達する。彼らは,国際経営のエキスパートであると同時に,現地でのトップ・マネジメントや主要幹部になっていく。日本企業はこれまで比較的,短いローテーションで日本人マネジャーを日本と現地の間を往来させてきた。しかし,現地のマネジメントが常に交代したり,日本人のみがトップになるという不満が生じてきたため,一部の企業では国際部門に専属のマネジャー層をつくることになった。さらに,こういった専属のマネジャー層には国籍そのものをも問わないようになってきている。 IBMなどでは,多数の国籍のマネジャーがさまざまな国の現地会社のマネジャーとして働いている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android