専属(読み)せんぞく

精選版 日本国語大辞典「専属」の解説

せん‐ぞく【専属】

〙 一つの会社、団体にだけ所属すること。そのものだけに属し他に関係しないこと。
民法(明治二九年)(1896)四二三条「債務者の一身に専属する権利は此限に在らず」
※春泥(1928)〈久保田万太郎〉三羽烏「ある大きな演芸会社との契約が出来てその専属となり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「専属」の解説

せん‐ぞく【専属】

[名](スル)特定のものだけに属していること。特に、芸能人などがある一つの会社・団体だけと契約していること。「レコード会社に専属する作詞家」「専属契約」
[類語]所属直属配属帰属従属隷属隷従無所属属する配置役を振る付属付随付帯付き従う

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例