専属(読み)せんぞく

精選版 日本国語大辞典「専属」の解説

せん‐ぞく【専属】

〘名〙 一つの会社、団体にだけ所属すること。そのものだけに属し他に関係しないこと。
※民法(明治二九年)(1896)四二三条「債務者の一身に専属する権利は此限に在らず」
※春泥(1928)〈久保田万太郎〉三羽烏「ある大きな演芸会社との契約が出来てその専属となり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「専属」の解説

せん‐ぞく【専属】

[名](スル)特定のものだけに属していること。特に、芸能人などがある一つの会社・団体だけと契約していること。「レコード会社に専属する作詞家」「専属契約」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android