園田 真次郎(読み)そのだしんじろう

占い用語集の解説

園田 真次郎

「気学」の祖。別名、荻野地角。大正13年頃に、それまで日本で流行っていた「九星方鑑学」の考え方を基に、自らの創意工夫を加え、九星術を「気学」として分かりやすく集大成した人物。これにより今日の九星気学の基礎が確立され、それ以降、この「気学」が一般大衆に浸透していくこととなった。

出典 占い学校 アカデメイア・カレッジ占い用語集について 情報

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android