コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土地資産格差 とちしさんかくさdisparity of land assets

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土地資産格差
とちしさんかくさ
disparity of land assets

土地のうち持ち家の敷地について見ると,一戸建て,長屋建てといった土地付き持ち家の比率は,居住世帯のある住宅の 55%であることから,残りの土地を持たない 45%との間の資産格差は,地価が上昇すれば拡大することは自明である。また,土地付き持ち家層の中での格差もあり,現住所以外に宅地を所有する世帯は,全普通世帯の 11%あり,この階層は所有する土地を比較的容易に売却できるとみられ,地価高騰時,最もメリットを受けたと考えられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android