コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長屋 ながや

7件 の用語解説(長屋の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長屋
ながや

棟の長い家,または壁を境として共有し,入口が別々で一棟に多くの家が隣合って住んでいる建物。古くからあったが,特に戦国時代から江戸時代にかけて武家屋敷内の家臣の家に,さらに町屋に多くみられるようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なが‐や【長屋/長家】

細長い形の家。棟を長く建てた家。
1棟を仕切って、数戸が住めるようにつくった細長い家。棟割り長屋。
遊女屋の一。最下級の遊女である局(つぼね)女郎のいる切見世。また、そこで商売する局女郎。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

長屋【ながや】

一つ棟(むね)を細長く建てた家屋。壁で仕切って1区画に1戸ずつ数戸が住む。江戸時代,大名屋敷のまわり等に設け,家臣の住居にあてたりした。下層庶民の住居は表通りに面していない裏側に建てられた〈裏長屋〉が多く,台所を兼ねた土間と部屋一つというのが普通。
→関連項目うだつ(卯建)世間胸算用タウン・ハウス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ながや【長屋】

長家とも書く。棟の細長い平面の建物を区切って,複数の世帯で住み分ける住居形態。一つの敷地に建てられた建物に一世帯が住んでいる〈独立住宅〉に対して,複数の世帯が一つの建物に住む住居形態を〈集合住宅〉と呼ぶが,長屋は江戸時代以前におけるその一般的な形態である。 日本では長屋は古くからさまざまな形で存在し,奈良時代の寺院の僧の住居であった僧坊も長屋形式である。奈良元興寺の僧坊が古材などから復原されており,その住房の1単位は間口7m弱,奥行13m弱のかなり大きなものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

ながや【長屋/長家】

1棟の細長い建物を壁で仕切って複数の住戸に分けた、比較的質素な集合住宅それぞれの住戸に玄関が付く。古代から寺院で僧の住房として、また中世から近世、都市の武家屋敷で下級武士の住居として、また町屋では貸家として用いられた。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長屋
ながや

一棟の建物を数戸の家にくぎった形式で、長家とも書く。中世の町家に多くみられるが、規格化されたのは戦国時代、山城(やまじろ)の麓(ふもと)に建てられた根小屋に始まる。雑兵の休泊所で、一単位の間口九尺(約2.7メートル)、奥行二間(約3.6メートル)という最小の居住空間の連続である。また地方武士が都会へ出たとき、家臣の泊まる宿舎もこの形式で、長屋といい、江戸時代、諸藩の藩邸にもっとも多くみられる。すなわち、表門の左右から塀の内側にぐるりと建て、主屋(おもや)を取り巻くので四方長屋といった。往来に面する部分は二階建てとし、上下五室ほどあり、中級以上の武士が住む。他の側にあるのを中(なか)長屋といい、これは手狭で採光も悪く、士分以下の軽輩の住居であった。長屋住まいは、普通、共同で国者(くにもの)を雇い、炊事や風呂(ふろ)たきをさせた。藩の上屋敷にはかならずこうした長屋があり、中屋敷、下屋敷には、藩によっては設けないこともあった。
 江戸時代の町地では人口稠密(ちゅうみつ)化の結果、庶民住宅にも長屋形式の住宅が発達した。表通りのものを「表長屋」、裏通りや路地にあるものを「裏長屋」といった。しかし表通りには商店など独立家屋が多くあったので、通常、長屋といえば裏長屋のことで、裏店(うらだな)ともよんだ。表通りの木戸を入ると、狭い路地を挟んで両側に長屋が建つ。六軒長屋が多かった。一軒の規模は根小屋と同様で、九尺に二間、または九尺に二間半であった。多くは二階建てで、上下二室からなり、台所は共同井戸に近く、戸口(とぐち)の土間にあった。路地の中央に下水溝があり、どぶ板で覆われていた。井戸のほか便所も共同で、路地の突き当たりにあり、その付近に稲荷(いなり)の小祠(しょうし)もあった。路地を一筋節約し、建物を両側から使うようにしたのが「棟割長屋」である。長屋には商家はなく、職人や振り売りなど細民が多く住み、「大家(おおや)といえば親も同然、店子(たなこ)といえば子も同然」といって、宰領の大家を中心とする連帯の強い極小コミュニティを形成していた。裏長屋の家賃は文政(ぶんせい)年間(1818~30)で月400文、天保(てんぽう)年間(1830~44)で600文だったが、それも一度に払えず、日掛けにする者が多かった。
 なお、城塁(じょうるい)の上に長く建てられた櫓(やぐら)を多門櫓または多門長屋といい、略して単に「長屋」ともいった。
 農家にあっては、主屋に対し付属家をすべて長屋とよぶ地方もある。屋敷の入口に、門を兼ねて建てるのが長屋門または門長屋、門屋である。門の左右には、厩(うまや)、作業場、納屋を設けるが、隠居屋や若衆(わかしゅ)部屋を付属させることもある。長屋門は格式あるものとして、大地主や地侍級の家にのみ許されたものであるが、禁制が緩和するにしたがい、経済的にゆとりをもつようになった農家は、競ってこれを建てて誇りとするようになった。また、主屋に対し直角に、両側ないし片側に付属家を設け、これを横屋(よこや)ないしは長屋とよんでいる地方もある。そこには作業場や鶏舎を置くこともあるが、客室を設けることもある。この部屋は隠居や若者の居室であることもあるが、その家でもっとも重要な客座敷として使用している地方もある。今日、都市の団地にみられる「テラスハウス」も、近代的な長屋とみることができる。[竹内芳太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の長屋の言及

【裏店】より

…江戸時代に江戸・大坂などの大都市の町人居住地で,表通りに面していない路地裏に建てられた小商人・職人・日雇いなど下層庶民の借家住居のこと。多くは長屋建てであったので裏長屋とも呼ばれる。江戸町人地の場合,基本的な町割りは,京間で60間四方の街区のまん中に,会所地という20間四方の空地をとり,街路に面した奥行き20間の部分を間口5~6間の短冊形に割って屋敷地とするものである。…

【江戸】より

…幕府直属の御家人は推定で約6万人とされているが,これらはわずかな扶持と土地を拝領しているだけであるから生活を維持していくだけでもたいへんであった。そこで拝領地内に長屋を建てて町人に貸し,店賃を得て収入とするようになった者が多い。御小人組,御簞笥組,御納戸組,黒鍬組といった御家人たちも,それぞれの拝領地内に町方の下層民と混住するといった現象がみられたのである。…

【切見世】より

…近世後期の江戸吉原における最下級の女郎屋。各所の岡場所にもあったもので,間口4.5~6尺,奥行2.5~3間の店が5~8軒,長屋形式で続いていたため,局見世(つぼねみせ)(局店),長屋ともいった。1軒1妓を原則とし,抱主は数軒を管理営業した。…

【住居】より

…なかには妻側の壁を高くあげ,建物外側を高い土壁で囲むようにした家もあり,防火に対する関心もうかがわれる。屋根は板葺きで石を置いているが,長屋であっても隣家との間に茅の小屋根でつくった〈卯建(うだつ∥うだち)〉を置き,一戸ごとのくぎりを明確にしている。内部ははっきりしないが,片側が裏まで抜ける土間になり,それに沿って前後2室の床(ゆか)の間が並んでいるようである。…

【武家屋敷】より

…中奥は藩主の居間と執務の場,奥御殿は藩主の妻子などの生活の場である。国許の御殿と違うのは家囲いで,敷地の外周に長屋を建て,国許から詰めてくる家臣や奉公人の住宅に当てた。江戸初期までは表門に櫓門を構え,派手な彫物を飾るなど,華美を競ったが,幕府の倹約方針に従って江戸中期以後は,3間または5間の平棟門を構えるようになる。…

【町】より

町(ちょう)【仲村 研】
[近世の町]
 近世初頭の兵農分離によって武士層は城下に集められ,武家町がつくられた。領主の館に近いところに重臣層の屋敷が置かれ,いちばん遠くに足軽などの長屋が置かれていた。武家町だからといって必ずしも郭内に入っているわけではなく,足軽町などは郭外に置かれることが多かった。…

※「長屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

長屋の関連キーワード平面図平面度区分所有法公館細長い挿す鉄灸文箱棟割宝形造

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長屋の関連情報