コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土居八町 どいはっちょう

1件 の用語解説(土居八町の意味・用語解説を検索)

防府市歴史用語集の解説

土居八町

 室町時代に周防[すおう]国をおさめた大内[おおうち]氏が東大寺に認めた領地のことです。もとの周防国府[すおうこくふ]があった場所を指し、約860m四方と考えられています。これは、周防国が東大寺再建のために資金などを出すための領地になっていたといういきさつがあるからです。しかし、江戸時代には財政難に苦しむ毛利[もうり]氏によって取り上げられてしまいます。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土居八町の関連キーワード大内版周防周防大島透素襖国分寺文書周防杣尭誉全巌東純平井道助

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone