コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地口落ち ジグチオチ

デジタル大辞泉の解説

じぐち‐おち〔ヂぐち‐〕【地口落ち】

落語の落ちの一。地口で話をしめくくるもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じぐちおち【地口落ち】

落語の落ちの一つ。同音または類音異義の語を用いるもの。「三方一両損」の「多かあ(大岡)食わねえ、たったいちぜん(越前)」のような類。落語では最も多い落ちとされる。上方落語では、にわか落ちという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の地口落ちの言及

【落語】より

… しぐさ落ち自分の寿命をしめす蠟燭を継ぎ足そうとした主人公が,〈ああ消える〉といって倒れる《死神》のように形で見せる落ち。 地口(じぐち)落ち《たが屋》が一例。両国川開きの日,〈玉屋,玉屋〉という花火のほめ声のなかへたが屋が通り,竹のたがで武士の笠をはねた。…

※「地口落ち」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

地口落ちの関連キーワード落語の「落ち」の種類大山詣り上方落語落語大岡同音

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android