コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袈裟御前 けさごぜん

5件 の用語解説(袈裟御前の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

袈裟御前
けさごぜん

平安時代末期の節婦。源渡 (わたる) の妻。美女であったので,遠藤盛遠 (のち出家して文覚 ) に恋慕された末,夫の身代りとなって盛遠に殺された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

けさ‐ごぜん【袈裟御前】

平安末期の女性。北面の武士源渡(みなもとのわたる)の妻。遠藤盛遠(えんどうもりとお)から恋慕され、夫の生命を救うため、自らその身代わりとなって盛遠に殺された。盛遠は恥じて出家し、文覚(もんがく)と称した。→文覚

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

袈裟御前 けさごぜん

源平盛衰記」に登場する源渡(みなもとの-わたる)の妻。
従兄(いとこ)の遠藤盛遠(もりとお)(のちの文覚(もんがく))に横恋慕されてなやみ,みずからはかって盛遠に殺される。このため夫の渡も盛遠も出家したという。この説話は江戸時代,浄瑠璃(じょうるり)や歌舞伎の題材となった。名は阿都磨(あとま)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

デジタル大辞泉プラスの解説

袈裟御前

古典落語の演目のひとつ。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

けさごぜん【袈裟御前】

平安末期の伝説上の女性。北面の武士源渡わたるの妻。夫の同僚遠藤盛遠(のちの文覚もんがく)に横恋慕され、夫の身代わりに殺される。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の袈裟御前の言及

【文覚】より

…《源平盛衰記》に,長谷観音に申し子して生まれたが早く孤児となり,幼児期より〈面張牛皮(めんちようふてき)〉な乱暴者であったという。元服後,北面武者となったが,《平家》の読本系諸本では,渡辺橋の供養のとき,渡辺渡(刑部左衛門)の妻の袈裟御前を見て恋慕し,強引に奪おうと夫を討つつもりが,袈裟の計らいでかえって彼女を殺してしまう。この女の犠牲ゆえに18歳で出家した(夫もまた出家して渡阿弥陀仏と称し,異本では重源(ちようげん)であるという)という発心譚をもつ。…

※「袈裟御前」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

袈裟御前の関連キーワードひらかな盛衰記源平盛衰記往詣灯台鬼源封子源基子(2)源本有源義範《参考源平盛衰記》

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone