地名伝説(読み)ちめいでんせつ

精選版 日本国語大辞典「地名伝説」の解説

ちめい‐でんせつ【地名伝説】

〘名〙 地名由来を説明する伝説。地名に結びつけて伝わる伝説。「風土記」をはじめ多くの説話類に見られる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の地名伝説の言及

【ことば(言葉)】より

…つまり古くは名辞としての〈こと〉と現象としての〈こと〉はなお未分化であった。そこから古代地名伝説のひとつの型――特定の土地の命名者がただちにその所有者,支配者となるという話柄も生まれてきている。 もっともすべての言語が〈事〉と一体視されたわけではなかった。…

※「地名伝説」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android