コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地域演劇 ちいきえんげきregional theater

1件 の用語解説(地域演劇の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

地域演劇

東京以外の都市を拠点とする演劇、あるいは劇団。かつて地域演劇と言えば、地方のアマチュア劇団を意味していた。だが1990年代以降、地域を拠点に東京のプロ劇団並みの高い水準の舞台活動を続ける劇団が注目を集めるようになり、東京と関西だけで演劇を語れる時代ではなくなった。演劇における東京一極集中型から地方分散型に移行する兆しが見えてきた。99年からは東京国際舞台芸術フェスティバル(現在の名称は東京国際芸術祭)の一環として「リージョナル・シアターシリーズが始まり、青森県の弘前劇場(長谷川孝治代表)、岐阜県のジャブジャブサーキット(はせ・ひろいち代表)などの地域劇団に関心が集まった。94年に県立尼崎青少年創造劇場(愛称・ピッコロシアター)に県立ピッコロ劇団を創設した兵庫県や、年中無休で24時間利用できる「金沢市民芸術村」を96年に開場した石川県金沢市のように、地方自治体が積極的に地域演劇の活性化に乗り出したケースもある。

(扇田昭彦 演劇評論家 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地域演劇の関連情報