コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地方揮発油税 チホウキハツユゼイ

デジタル大辞泉の解説

ちほう‐きはつゆぜい〔チハウ‐〕【地方揮発油税】

地方公共団体の財源確保のために徴収される、ガソリンにかかる国税揮発油税とともに国が収納したあと各地方に譲与される。昭和30年(1955)に道路特定財源地方道路税として創設されたが、平成21年度(2009)から現名称に改められ一般財源化された。揮発油税と合わせて「ガソリン税」と通称する。→道路整備事業財政特別措置法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

地方揮発油税の関連キーワード国税犯則取締法(通告処分)自動車関係諸税地方譲与税石油税

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android