コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地方揮発油税 チホウキハツユゼイ

1件 の用語解説(地方揮発油税の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちほう‐きはつゆぜい〔チハウ‐〕【地方揮発油税】

地方公共団体の財源確保のために徴収される、ガソリンにかかる国税揮発油税とともに国が収納したあと各地方に譲与される。昭和30年(1955)に道路特定財源地方道路税として創設されたが、平成21年度(2009)から現名称に改められ一般財源化された。揮発油税と合わせて「ガソリン税」と通称する。→道路整備事業財政特別措置法

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地方揮発油税の関連キーワード機関委任事務行政事務競馬法団体委任事務特別地方公共団体吏員境界変更公吏地方公共団体における情報セキュリティ監査に関するガイドライン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地方揮発油税の関連情報