道路整備事業財政特別措置法(読み)ドウロセイビジギョウザイセイトクベツソチホウ

デジタル大辞泉の解説

どうろせいびじぎょうざいせい‐とくべつそちほう〔ダウロセイビジゲフザイセイトクベツソチハフ〕【道路整備事業財政特別措置法】

《「道路整備事業に係る国の財政上の特別措置に関する法律」の通称》道路整備の財源に関する法律。平成20年(2008)に、それまでの「道路整備財源特例法」から改題されて同法が成立したが、揮発油税石油ガス税道路特定財源に据え置かれた。平成21年(2009)の改正で、これらの税収使途を道路整備に限定する規定が削除され、名目上は一般財源化された。道路整備事業特措法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android