コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地方税法 チホウゼイホウ

デジタル大辞泉の解説

ちほうぜい‐ほう〔チハウゼイハフ〕【地方税法】

地方公共団体が賦課徴収する地方税の種類・課税対象・課税方法などについて定めた法律。昭和25年(1950)制定。→国税徴収法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

地方税法の関連キーワード滞納した税の時効と不納欠損損害保険料の所得控除制度法人事業税の超過課税個人住民税の特別徴収鉄軌道用地への課税公的土地評価制度工業整備特別地域国税犯則取締法臨時特例企業税娯楽施設利用税法定外目的税勤労学生控除法定外普通税都市計画税固定資産税軽自動車税還付加算金基礎控除法定業種道府県税

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地方税法の関連情報