コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地謡座 ジウタイザ

デジタル大辞泉の解説

じうたい‐ざ〔ヂうたひ‐〕【地謡座】

能舞台の向かって右側の間口3尺(約90センチ)の板敷きで、脇座よりも奥寄りの部分。地謡の人々が舞台の方を向いて横2列に並んで座る。謡座(うたいざ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じうたいざ【地謡座】

能舞台の脇柱と笛柱の間で、勾欄こうらんのある張り出した部分の称。地謡が座る。 → 能舞台

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の地謡座の言及

【能舞台】より

…アト座(後座)も10尺(約3m)強で深く,舞台から後座まで床板が全部縦に張られている。地謡座(じうたいざ)は廂(ひさし)や柱の位置等の不自然さから後代の増築と思われる。以上の諸点から北舞台は能舞台完成期の過渡期的状態を示すといえる。…

※「地謡座」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

地謡座の関連キーワード地謡(狂言)地謡(能)能舞台貴人口見所

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android