地謡座(読み)ジウタイザ

  • じうたいざ ヂうたひ‥
  • じうたいざ〔ヂうたひ〕

デジタル大辞泉の解説

能舞台の向かって右側の間口3尺(約90センチ)の板敷きで、脇座よりも奥寄りの部分。地謡の人々が舞台の方を向いて横2列に並んで座る。謡座(うたいざ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

能舞台の脇柱と笛柱の間で、勾欄こうらんのある張り出した部分の称。地謡が座る。 → 能舞台

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 能舞台の向かって右側の間口三尺(約一メートル)の板敷きで、脇座よりも奥寄りの部分。地謡の人々が列座するところ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の地謡座の言及

【能舞台】より

…アト座(後座)も10尺(約3m)強で深く,舞台から後座まで床板が全部縦に張られている。地謡座(じうたいざ)は廂(ひさし)や柱の位置等の不自然さから後代の増築と思われる。以上の諸点から北舞台は能舞台完成期の過渡期的状態を示すといえる。…

※「地謡座」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android