コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地震動予測地図 ジシンドウヨソクチズ

2件 の用語解説(地震動予測地図の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じしんどう‐よそくちず〔ヂシンドウヨソクチヅ〕【地震動予測地図】

将来日本で起こると予測される地震を地図に表したもの。文部科学省地震調査研究推進本部が作成。活断層による地震の発生確率や地盤の強度などをもとに、全国を約250メートル四方に区切って危険度を示している。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

地震動予測地図

海溝型や活断層型の地震の発生確率や地盤の強度などをもとに危険度を予測した地図。地震調査研究推進本部が毎年更新しているが、地下に隠れた活断層や日本海での地震のデータは反映されていない。防災科学技術研究所ウェブサイト「地震ハザードステーション」で公開されている。

(2013-02-03 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地震動予測地図の関連キーワード地震の長期評価直下型地震海溝型地震正断層型横ずれ断層型活断層の調査政府の活断層評価地震対策と予知・予測地震の発生確率地震のタイプ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地震動予測地図の関連情報