コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地震動予測地図 ジシンドウヨソクチズ

2件 の用語解説(地震動予測地図の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じしんどう‐よそくちず〔ヂシンドウヨソクチヅ〕【地震動予測地図】

将来日本で起こると予測される地震を地図に表したもの。文部科学省地震調査研究推進本部が作成。活断層による地震の発生確率や地盤の強度などをもとに、全国を約250メートル四方に区切って危険度を示している。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

地震動予測地図

海溝型や活断層型の地震の発生確率や地盤の強度などをもとに危険度を予測した地図。地震調査研究推進本部が毎年更新しているが、地下に隠れた活断層や日本海での地震のデータは反映されていない。防災科学技術研究所ウェブサイト「地震ハザードステーション」で公開されている。

(2013-02-03 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地震動予測地図の関連情報