コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地震口 ジシングチ

デジタル大辞泉の解説

じしん‐ぐち〔ヂシン‐〕【地震口】

地震の際に早く逃げられるように、雨戸の所々に設けた小さな枢戸(くるるど)。掛けがねを外すと、ばね仕掛けで自然に開くようになっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じしんぐち【地震口】

地震のとき逃げ出せるように、雨戸に設けた小さい開き戸。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android