家屋雑考(読み)カオクザッコウ

デジタル大辞泉「家屋雑考」の解説

かおくざっこう〔カヲクザツカウ〕【家屋雑考】

江戸後期の住宅史概説書。5巻。沢田名垂さわだなたり。天保13年(1842)の自序がある。古代からの日本住宅の変遷記述

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「家屋雑考」の解説

かおくざっこう カヲクザッカウ【家屋雑考】

日本最初の住宅史概説書。五巻。沢田名垂著。天保一三年(一八四二)の自序がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android