コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地震工学 じしんこうがくearthquake engineering

世界大百科事典 第2版の解説

じしんこうがく【地震工学 earthquake engineering】

地震による被害を防御・軽減せしめるための科学技術を総合した学問分野。〈地震工学〉の語はもともと英語engineering seismologyの訳語として使われたが,現在では,耐震工学をも包含した意味で使われる。サンフランシスコ地震(1906)発生の50周年を記念して1956年以後原則として4年ごとに開催されている国際会議World Conference on Earthquake Engineeringおよび関連国際学会では地震学と耐震工学に属する研究成果が発表されるが,この会議を世界地震工学会議と訳すことによる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

地震工学の関連キーワード国際地震工学研修事業日本地震学会県技術委員会岡本 舜三IISEE建築研究所末広恭二石橋克彦武藤 清WCEE

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地震工学の関連情報