コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂口右左視 さかぐち うさみ

美術人名辞典の解説

坂口右左視

洋画家。佐賀県生。関西美術院鹿子木孟郎に学んだのち、上京して日本美術院研究所で学ぶ。春陽会展等で活躍。風景画を多く描き、簡潔な対象の把握と要約された筆触で異色の賀風を示した。昭和12年(1937)歿、43才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂口右左視 さかぐち-うさみ

1895-1937 大正-昭和時代前期の洋画家。
明治28年生まれ。関西美術院で鹿子木孟郎(かのこぎ-たけしろう)に師事し,のち日本美術院研究所でまなぶ。大正7年院展に初入選。春陽会展に出品し12年「風景」など,14年「業」などで春陽賞。昭和12年1月6日死去。43歳。佐賀県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例