風景(読み)ふうけい

精選版 日本国語大辞典「風景」の解説

ふう‐けい【風景】

〘名〙
① 目にうつる自然の様子。ながめ。景色。風光。
※懐風藻(751)春日於左僕射長王宅宴〈大津首〉「日華臨水動、風
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)白川の関「風景に魂うばはれ」 〔晉書‐王導伝〕
② その場の有様。情景
※空華日用工夫略集‐至徳元年(1384)一一月二六日「君曰、十余年前到此、風景彷彿可記」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「風景」の解説

ふう‐けい【風景】

目に映る広い範囲のながめ。景色。風光。「山岳風景
ある場面の情景・ありさま。「ほほえましい親子の風景」「新春風景
[類語]景色眺め風光風物近景遠景風色ふうしょくけい景観景色けいしょく景趣眺望見晴らしパノラマ美観壮観大観

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「風景」の解説

ふうけい【風景 fēng jǐng】

景は〈ひかり〉の。風光というのと同じ観念に出る語。風と光とで眼前に広がる自然をとらえるのは,風景の語の最も早い用例の一つが中国の3~4世紀ころの《世説新語》に見え,風光の語も六朝・隋・から使用が盛んになるように,六朝期における自然観照の態度確立と関連している。それ以前の自然が比喩的な意味をもって人間にひきつけて見られていた(《詩経》のきよう)の技法がその典型例)のに対し,自然を独立した対象物として眺めることが可能となったとき,風景の観念とその語とが成立したのである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

普及版 字通「風景」の解説

【風景】ふうけい

景色。〔晋書、王導伝〕江を(よぎ)る人士、~相ひ(むか)へて~飮宴す。(しうぎ)、中坐にしてじて曰く、風景殊ならざるも、目を擧ぐれば江山の異なるりと。皆相ひ涕す。

字通「風」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の風景の言及

【風景画】より

…風景を主なる表現対象とした絵画をいう。絵画もしくは浮彫等の背景に風景を表現することは早くにエジプト,クレタ,アッシリアなどの美術に見られるが,風景のための風景画の独立は西洋ではルネサンス期に初めて成立するに対し,中国ではすでに六朝時代に山水画が描かれ,隋唐より日本へも伝来(例,正倉院御物の琵琶の桿撥(かんぱち)画)し,やまと絵へと摂取されていく。…

【風景写真】より

…一般に山や丘,野原や水辺,田園の風景など,四季を通して移り変わるさまざまな自然の景物を主題とした写真をいう。添景としての人物などを取り合わせる場合もあるが,これが主要な対象となるときは,普通,風景写真とはいわない。…

※「風景」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android