コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坑儒 コウジュ

大辞林 第三版の解説

こうじゅ【坑儒】

秦の始皇帝が儒者を穴埋めにしたこと。 → 焚書ふんしよ坑儒

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の坑儒の言及

【始皇帝】より

…度量衡を統一して基準の量器を全国に配布し,車軌を一定し,標準となるべき文字(篆書(てんしよ))や貨幣(半両銭)を制定した。 制度文物の統一とともに焚書(ふんしよ)と坑儒(こうじゆ)を強行して思想および言論の統制を図った。史官は秦史以外の列国の歴史を焼却処分し,民間が所蔵する詩書諸子百家の類はことごとく守・尉に提出して焼却させた。…

【焚書坑儒】より

…これが焚書である。坑儒は,方士(神仙術の体得者)の説く神仙思想に熱中し,あらゆる手段を講じて不老不死の霊薬をさがし求めた始皇帝が,やがて彼らに欺かれていたことを知り,焚書の翌年に方士のみならず諸生(学者)も同類とみなして捕らえて訊問したところ,互いに罪をきせあってのがれようとしたため,禁令を犯して妖言をまきちらしたという理由で460余人を穴埋めにして殺した事件である。 焚書が徹底した法家主義にもとづく学問の自由の弾圧であったのと異なり,坑儒の場合は方士のでたらめな言動に対する始皇帝の憤慨が直接の動機であったが,そのために儒家など多くの学者が殺されたことは,結果としては焚書と同じく学問・思想の圧迫にほかならなかった。…

※「坑儒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

坑儒の関連キーワード儒・受・呪・壽・寿・戍・授・樹・綬・聚・豎・需総合年表(北・東・東南アジア)秦の時代(年表)批林批孔運動銀雀山漢墓焚書坑儒言論統制挟書の禁中国思想経学書物二酉孔廟禁書周易李斯焚書

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android