コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

垂加草 すいかそう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

垂加草
すいかそう

江戸時代初期の儒学者,山崎闇斎の全集として,門人植田玄節により編まれたもの。享保6 (1721) 年刊。全 33巻 (うち付録3巻) 。「垂加社語」,詩,紀行文,「文会筆録」 (12~25巻,本集の中心) などから成る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

垂加草の関連キーワード植田艮背

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android