コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀行文 キコウブン

デジタル大辞泉の解説

きこう‐ぶん〔キカウ‐〕【紀行文】

紀行」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀行文 きい-ゆきぶみ

?-? 室町時代の神職,歌人。
紀俊長の子。家職紀伊(きい)日前(ひのくま)神宮・国懸(くにかかす)神宮(和歌山県)の神主をつぐ。永享元年(1429)従三位にすすむ。大膳大夫宮中で和歌3首を詠じ,後花園天皇から国吉銘の刀をさずかった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きこうぶん【紀行文】

紀行 」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

紀行文の関連キーワードスティーブンソントラベルライターデ・アミーチスアラン[諸島]秘境ブータン『奥の細道』浅虫[温泉]おくの細道北国西街道杉村楚人冠遅塚 麗水木暮理太郎松浦武四郎小島烏水若山牧水室町時代つげ義春更科紀行廻国雑記飯島珈凉

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紀行文の関連情報