城代家老(読み)ジョウダイガロウ

大辞林 第三版の解説

じょうだいがろう【城代家老】

江戸時代、城持しろもち大名の留守中、その居城の守護その他領国内の一切の政務をつかさどった家老。城代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じょうだい‐がろう ジャウダイガラウ【城代家老】

〘名〙 江戸時代、城を持っている大名の留守中に、その城を守り、すべての政務をつかさどった家老。城代

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の城代家老の言及

【城代】より

…ことに大坂城代は西国大名を監督し,のち老中への出世コースとなった。また諸藩では,藩主の参勤中に城を守衛した老臣を,城代,城代家老などと称した。城番【根岸 茂夫】。…

※「城代家老」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

城代家老の関連情報