コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

城主 ジョウシュ

デジタル大辞泉の解説

じょう‐しゅ〔ジヤウ‐〕【城主】

城のあるじ。
江戸時代、国持准国主以外で、を持っていた大名

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうしゅ【城主】

城の主。
江戸時代、大名の格式の一。城をもった大名で国持・准国持に次ぐ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の城主の言及

【大名】より

…さらにこれを将軍との親疎関係によって分類する場合は,三家,三卿,家門,譜代,外様に分けるが,家門は三家,三卿以外の親藩およびその分家をさし,旧族大名と織豊大名を徳川系大名に対して外様に一括する。 また領国や居城の規模によって,国主(国持),准国主,城主,城主格,無城に分け,あるいは江戸城中の詰間(つめのま)によって,大廊下,溜間(たまりのま),大広間,帝鑑間(ていかんのま),柳間,雁間(かりのま),菊間に分け,さらに官位によって,侍従以上,四品(しほん)(四位),諸大夫(五位)に分け,石高によって,10万石以上,5万石以上,1万石以上に分ける場合もある。大名はこれらの組合せによって複雑多岐な格式序列がつくられたが,このことは大名(藩)の存在形態がきわめて多様であったことを示している。…

※「城主」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

城主の関連キーワード牧野信成(1)箭弓稲荷神社小笠原秀政波多野宗長北条氏照亀井茲政久野宗能伊達宗直田村建顕小田朝久城代家老松平好景本多正忠清水宗治大西覚養北条氏規徳川家康織田信治河田長親河合宗在

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

城主の関連情報