城主(読み)ジョウシュ

大辞林 第三版の解説

じょうしゅ【城主】

城の主。
江戸時代、大名の格式の一。城をもった大名で国持・准国持に次ぐ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じょう‐しゅ ジャウ‥【城主】

〘名〙
① 一城の主。城将
※上杉家文書‐永祿一二年(1569)八月五日・北条氏政書状「自元来至于当城主上田、本地本領ニ候条」
浮世草子武家義理物語(1688)一「摂州伊丹の城主(ジャウジュ)。荒木村重につかへて」
江戸時代、国持と準国主以外で、居城をもっていた大名。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の城主の言及

【大名】より

…さらにこれを将軍との親疎関係によって分類する場合は,三家,三卿,家門,譜代,外様に分けるが,家門は三家,三卿以外の親藩およびその分家をさし,旧族大名と織豊大名を徳川系大名に対して外様に一括する。 また領国や居城の規模によって,国主(国持),准国主,城主,城主格,無城に分け,あるいは江戸城中の詰間(つめのま)によって,大廊下,溜間(たまりのま),大広間,帝鑑間(ていかんのま),柳間,雁間(かりのま),菊間に分け,さらに官位によって,侍従以上,四品(しほん)(四位),諸大夫(五位)に分け,石高によって,10万石以上,5万石以上,1万石以上に分ける場合もある。大名はこれらの組合せによって複雑多岐な格式序列がつくられたが,このことは大名(藩)の存在形態がきわめて多様であったことを示している。…

※「城主」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

城主の関連情報