政務(読み)せいむ

精選版 日本国語大辞典「政務」の解説

せい‐む【政務】

〘名〙 治上の事行政事務
※江都督納言願文集(平安後)三「弟子備廟廊之崇班。掌院家之政務
経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉前「今日は政務の暇ありしを」 〔後漢書‐仲長統伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「政務」の解説

【政務】せいむ

政治上のしごと。〔後漢書、班固伝上〕京兆の督郵郭基、孝行州里にはれ、經學師門にせらる。務のの效り。

字通「政」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android