城府を設けず(読み)じょうふをもうけず

精選版 日本国語大辞典「城府を設けず」の解説

じょうふ【城府】 を 設(もう)けず

相手に対して、へだてなくうちとける。
随筆・孔雀楼筆記(1768)「清先生不城府。不辺幅
※東京の三十年(1917)〈田山花袋〉紅葉山人を訪ふ「いかにも江戸児らしい快活な城府を設けない話しぶり」 〔宋史‐傅堯兪伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「城府を設けず」の解説

城府じょうふもうけ◦ず

《「宋史」傅尭兪伝から》人と打ち解けた付き合いをするたとえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android