コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宋史 そうしSong-shi; Sung-shih

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宋史
そうし
Song-shi; Sung-shih

中国,代を扱った歴史書。中国の正史の一つ。元のトクトア (脱脱) らの編修。 496巻。至正5 (1345) 年完成。本紀 47巻,志 162巻,表 32巻,列伝 255巻より成る。本書は南宋の滅亡後,各時期に編纂された宋朝歴代皇帝の国史,実録などを基礎とし,その他の資料をも取入れて編修されたもの。宋代の国史が多く散逸して残っていない今日では,『宋史』のもつ史料的価値は大きい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

そうし【宋史】

中国の二十四史の一。の歴史を記したもの。の脱脱らが勅命によって。1345年完成。本紀47巻・志162巻・表32巻・列伝255巻の全496巻。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

そうし【宋史 Sòng shǐ】

中国,宋の史書で,正史の一つ。496巻。元のトクト(脱脱)ら奉勅撰。1343年(至正3)に始めて,45年に成る。〈二十四史〉中もっとも巻数が多いのに,短時日で完成できたのは,宋代に編纂された諸朝国史,実録等を利用できたからである。後世では,正史の中でもっとも蕪雑な史書として評判は悪い。しかし反面,編纂者の主観にもとづく改変が少ないという利点があり,とくに〈志〉部分は史料的価値が高い。【竺沙 雅章】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

そうし【宋史】

中国二十四史の一。宋の歴史を記した正史。四九六巻。元の順帝の命により脱脱(托克托トクト)らの編。1345年成立。本紀四七巻・志一六二巻・表三二巻・列伝二五五巻。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宋史
そうし

中国、宋を扱った紀伝体の歴史書。正史の一つ。16本紀47巻、15志162巻、二表32巻、197列伝255巻からなる。脱脱(ツクタ)らによる奉勅撰(ほうちょくせん)。南宋の滅亡後に元が収集した宋の国史、実録、日暦などをもとに他の資料を加えて1345年に完成した。基礎になった史料のなかには、散逸したもの、資料として不十分なもの、欠けていたのを他の資料で補ったものなどがあり、しかもこれらを削除したりして、十分なできとはいいがたい面がある。したがって、たとえば『宋会要』『続資治通鑑(ぞくしじつがん)長編』『建炎以来繋年(けいねん)要録』などに比べると劣る面があるが、これらにないものも含んだ宋代の集約的な史料として価値は高い。とりわけ基本的史料を欠く南宋部分にこの傾向が強い。版本は元の至正刊本をもとにする百衲本(ひゃくのうぼん)が優れている。[伊原 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

宋史の関連キーワード父母疾有らば為む可からずと雖も薬を下さざるの理無し運用の妙は一心に存す大姦は忠に似たり佞言は忠に似たりヤシ酒(椰子酒)御髭の塵を払う兄弟は手足なり城府を設けず一頭地を抜く二十二史考異大宋宣和遺事二十二史箚記五行大義光風霽月二十一史万事休す錦衣玉食一網打尽行雲流水十八史略

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宋史の関連情報