コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宋史 そうしSong-shi; Sung-shih

5件 の用語解説(宋史の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宋史
そうし
Song-shi; Sung-shih

中国,宋代を扱った歴史書。中国の正史の一つ。元のトクトア (脱脱) らの編修。 496巻。至正5 (1345) 年完成。本紀 47巻,志 162巻,表 32巻,列伝 255巻より成る。本書は南宋の滅亡後,各時期に編纂された宋朝歴代皇帝の国史,実録などを基礎とし,その他の資料をも取入れて編修されたもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

そうし【宋史】

中国の二十四史の一。の歴史を記したもの。の脱脱らが勅命によって撰。1345年完成。本紀47巻・志162巻・表32巻・列伝255巻の全496巻。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

そうし【宋史 Sòng shǐ】

中国,宋の史書で,正史の一つ。496巻。元のトクト(脱脱)ら奉勅撰。1343年(至正3)に始めて,45年に成る。〈二十四史〉中もっとも巻数が多いのに,短時日で完成できたのは,宋代に編纂された諸朝国史,実録等を利用できたからである。後世では,正史の中でもっとも蕪雑な史書として評判は悪い。しかし反面,編纂者の主観にもとづく改変が少ないという利点があり,とくに〈志〉部分は史料的価値が高い。【竺沙 雅章】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

そうし【宋史】

中国二十四史の一。宋の歴史を記した正史。四九六巻。元の順帝の命により脱脱(托克托トクト)らの編。1345年成立。本紀四七巻・志一六二巻・表三二巻・列伝二五五巻。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宋史
そうし

中国、宋を扱った紀伝体の歴史書。正史の一つ。16本紀47巻、15志162巻、二表32巻、197列伝255巻からなる。脱脱(ツクタ)らによる奉勅撰(ほうちょくせん)。南宋の滅亡後に元が収集した宋の国史、実録、日暦などをもとに他の資料を加えて1345年に完成した。基礎になった史料のなかには、散逸したもの、資料として不十分なもの、欠けていたのを他の資料で補ったものなどがあり、しかもこれらを削除したりして、十分なできとはいいがたい面がある。したがって、たとえば『宋会要』『続資治通鑑(ぞくしじつがん)長編』『建炎以来繋年(けいねん)要録』などに比べると劣る面があるが、これらにないものも含んだ宋代の集約的な史料として価値は高い。とりわけ基本的史料を欠く南宋部分にこの傾向が強い。版本は元の至正刊本をもとにする百衲本(ひゃくのうぼん)が優れている。[伊原 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宋史の関連情報