コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

埴輪窯跡 はにわがまあと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

埴輪窯跡
はにわがまあと

埴輪を焼成した窯跡。須恵器の窯跡に比べて発見例は非常に少い。斜面に傾斜をもった穴を掘って造っている。茨城県馬渡の例でみると,全長 6.5m,焼成室の幅 1.7m,焚口幅 90cmで底面には段がなく,傾斜度は約 25度である。数基集中して存在した。古墳における埴輪の数からみて,それらは数ヵ所の窯から集められたと推測される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

埴輪窯跡の関連情報