窯跡(読み)かまあと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

窯跡
かまあと

考古学の分野で,土器などを焼いたところをいう。縄文土器弥生土器土師器 (はじき) などを焼いた窯はわかっていないが,須恵器,瓦,陶磁器などを焼いた窯は比較的明らかにされている。須恵器,瓦などは,斜面にトンネル状に傾斜をもった穴をあけ,そこに火を通して焼いた窖窯 (あながま) が一般的であり,瓦はまた,平らな場所に穴をあけ,その底にうね状に火の通る道をつけ,その上に瓦を置く,いわゆる平窯でも焼かれた。近世になると,陶磁器を焼く窯は地上に造られ,底面も階段状になった階段状連房式登り窯が使われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かま‐あと【窯跡】

〘名〙 土器、陶器、磁器などを焼いた窯の跡。
丹下氏邸(1931)〈井伏鱒二〉「私は姫谷焼といふ陶器の窯跡(カマアト)を発掘する目的でこの辺鄙な田舎へやって来たのである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の窯跡の言及

【窯】より

…陶芸作品を製造する際,窯の位置を変えると製品に変化をもたらすことができるおもしろさがある。【柳田 博明】
【西アジア,ヨーロッパの古窯跡】
 西アジアで現在知られる最も古い窯は,イラクのヤリム・テペで前6千年紀にさかのぼる。前5千~前4千年紀にはイランのスーサやシアルク,イラクのテペ・ガウラやテル・サラサートのものが知られている。…

【窯】より

…陶芸作品を製造する際,窯の位置を変えると製品に変化をもたらすことができるおもしろさがある。【柳田 博明】
【西アジア,ヨーロッパの古窯跡】
 西アジアで現在知られる最も古い窯は,イラクのヤリム・テペで前6千年紀にさかのぼる。前5千~前4千年紀にはイランのスーサやシアルク,イラクのテペ・ガウラやテル・サラサートのものが知られている。…

※「窯跡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

窯跡の関連情報